2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商号とショップの名称は異なってもいいか?

よく質問されることの1つに、「商号(会社名)と別の名称のショップを出しても問題ないか」というのがあります。

結論からいえば、商号(会社名)と別の名称のショップを開業することは問題ありません。

ただし、次の2点に注意しておきましょう。

① 商標を他人に真似されないように保護しておくこと

→ 一般に、特許庁に商標登録して保護することになります。
   (なお、出願から登録まで1年程度かかるようです)

② 他人の商標権を侵害しないように注意すること

→ 他人の商標を勝手に使用することはできません。
  損害賠償を請求されたり、差止請求を受けることもあります。
  事前に商標権の調査をしておきましょう。



→ 商号については、こちらもご参照ください。

ブログランキング



スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

中野の司法書士

Author:中野の司法書士
東京の中野で開業している司法書士西尾努です。

■商号変更の登記費用

登録免許税   30,000円

司法書士報酬  21,000円税込
印鑑3点セット付 31,500円

詳細プロフィール

ブログランキング


【事務所案内】
東京都中野区東中野4-6-7-610
事務所の地図です

電話03-5876-8291
fax 03-5876-8292
mail sihoshosi25@yahoo.co.jp
HP  西尾努司法書士事務所

  • ご相談はこちらから

  • 業務案内

  • 株式会社設立

  • LLC 合同会社設立

  • (定款)変更登記

  • 合同会社を株式会社に

  • 有限会社を株式会社に

  • 相続登記

  • 登記費用と司法書士報酬

  • 司法書士のプロフィール

  • 所長のブログ

  • お客様の声

  • ウーハ起業家交流会

  • 事務所案内





  • ■対応地域

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のお客様の場合には、ご訪問いたします。

    【東京都】
    東京都中野区、東京都新宿区、東京都杉並区、東京都練馬区、東京都豊島区、東京都渋谷区、東京都千代田区、東京都港区、東京都文京区、東京都墨田区、東京都品川区、東京都大田区、東京都北区、東京都板橋区、東京都足立区、東京都江戸川区、東京都中央区、東京都台東区、東京都江東区、東京都目黒区、東京都世田谷区、東京都葛飾区、東京都荒川区、東京都多摩市、東京都府中市、東京都立川市、東京都国立市、東京都国分寺市、東京都八王子市、東京都武蔵野市、東京都三鷹市、東京都青梅市、東京都昭島市、東京都調布市、東京都町田市、東京都小金井市、東京都小平市、東京都日野市、東京都東村山市、東京都福生市、東京都狛江市、東京都東大和市、東京都清瀬市、東京都東久留米市、東京都武蔵村山市、東京都稲城市、東京都羽村市、東京都あきる野市、東京都西東京市

    【神奈川】【千葉県】【埼玉県】

    その他の地域でもご相談ください。

    ツイッター

    FC2カウンター

    ログール

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。